感情の二重経路と海馬に着目した不気味の谷発生メカニズムのモデル化の試み (ヒューマンコミュニケーション基礎) Proposal of the Model for the Uncanny Valley Based on the Dual-Pathway of Emotion and the Hippocampus

この論文をさがす

著者

抄録

ヒューマンコンピュータインタラクションにおいて不気味の谷は重要な課題である.人間は人間に酷似したエージェントを観察する際に,観察初期の段階では人間を観察する場合と類似した知覚処理を行うが,観察時間が経過するに従って人間を観察する場合とは異なる知覚処理を行うことが実験的に示唆された.このような2つの知覚過程はこれまで感情の二重経路説によってモデル化され,不気味の谷は二つの知覚過程による情報間の齟齬によって引き起こされると解釈されてきた.本研究では,感情の二重経路に加えて海馬の働きに着目することによって,エージェントに対する不気味さ誘発メカニズムのより詳細なモデル化を試みる.

In Human Computer Interaction, the uncanny valley is crucial to design the appropriate appearance of an agent for human beings. Previous studies have implied that human perceives a humanlike agent in two processes. We conducted the experiment to clarify how human observes a humanlike agent and the results showed that participants perceive it as human at first and then as non-human. These two information-processes can be explained by the dual-pathway of emotion. In current study, we propose a model for the occurrence of uncanny valley based on the function of hippocampus, which can provide the explanation for human evocation of the feeling of the eeriness toward a humanlike agent.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(185), 39-44, 2013-08-23

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009805814
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024830888
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ