高信頼化と高性能化を実現するデータベースクラスタの提案と評価 (ディペンダブルコンピューティング) A Database Cluster for High Performance with a New Recoverability

この論文をさがす

著者

抄録

ビジネスで使われる代表的なDBMSにおいてトランザクションログをディスクに強制書き込みする事でrecoverabilityを保証するというアーキテクチャは今までほとんど変わっていない.しかし,コンピュータとネットワークはこの数十年で大きく進歩したため,ディスク書き込みオーバヘッドは深刻なボトルネックになってしまった.本論文では, Daigoと呼ぶ新しいDBMSクラスタを提案しその有効性をベンチマークで評価する. Daigoはトランザクションログをディスクに強制書き込みすることをやめて,代わりに複数ノードにデータベースを冗長に配置することでrecoverabilityを保証する. TPC-Wベンチマークを使った性能評価では, Daigoは他の代表的な既存クラスタに比べて高い性能を実現できただけでなく,オーバロード環境下でもサービスにほとんど影響を与えること無く構成変更できることが分かった.

Because computers and networks have improved over the past several decades, disk-writing overhead for recoverability has become a predominant bottleneck. However, the basic architecture of database management systems (DBMSs) has changed little. We propose Daigo, a new DBMS cluster that avoids disk-writing overhead by stopping force-writing of transaction logs to disks and guarantees recoverability by relying on redundant databases distributed among multiple nodes. Our performance evaluation with the TPC-W benchmark revealed higher performance and showed little impact on client services, even under overload conditions.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(170), 9-14, 2013-08-01

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009805820
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11645397
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    024831223
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ