コースの中間期に実施する学生討議型授業コンサルテーションの学生に与える影響(教育実践研究論文) Influence on a Student of the "Students' Discussion-Based Class Consultation" that was Implemented in the Middle of the Course(Paper on Educational Practice Research)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

FDの義務化以降ミクロレベルでのFDとして,授業コンサルテーションを実施する高等教育機関が増加しつつある.それに伴い授業コンサルテーションの成果として,対象となる教員,または学生に与えた影響などの研究,さらにコンサルテーションを実施するコンサルタントのスキルに関する研究などがなされている.本論文は,授業コンサルテーションの新しい方法として,学生の変容に焦点を当て,授業担当教員とのインタラクションを実現する「学生討議型授業コンサルテーション,SDCC(Students' Discussion-based Class Consultation)」を試みた実践研究の報告である.SDCCは,コースの中間期に授業の改善点について,学生によるディスカッション,及び授業改善のためのアンケートを行い,これらのデータをもとにして授業改善を行う実践である.本実践研究では,SDCCが学生の授業参加に対する積極性,授業外学習に対する取り組みについて,ポジティブな影響を与えたことが明らかとなった.

TSince FD became mandatory, institutions of higher education carrying out class consultation as micro-level FD have been increasing. According to the results of researches of class consultation, researches associated with the influence of target teachers or students and researches of a consultant's skills have been done. This paper is to report a practical study that focuses on the transformation of the student's realizing the interaction with student and teacher as a new method of the class consultation, "Students' Discussion-based Class Consultation (SDCC)". SDCC is a practice to carry out teaching improvement from the discussion data by the students and a questionnaire for the students, about improvement of the class, in the middle of the course. This practical study reveals that SDCC had a positive influence on students' motivation for participating class and willingness to learn out of class.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(4), 449-457, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009807022
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025358709
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ