マンガ表現による教育実習生の指導案の改善プロセス(教育実践研究論文) Improvements of Lesson Plans by Cartoon-Based Teaching Simulation in Pre-service Teacher Training(Paper on Educational Practice Research)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

教育実習科目を履修する学生に対し,指導案改善を目的として,マンガ表現による授業シミュレーションを行った.そこでの指導案の改善過程を,インタビューの発話に対し,修正版グラウンデット・セオリー・アプローチ(M-GTA)による分析によって明らかにした.その結果,マンガ作成時とマンガ振り返り時には,それぞれ異なった気づきとそれに対応する指導案の改善が存在した.特に,自ら作成したマンガを振り返る活動は,マンガ内の授業を俯瞰的に捉えると共に,それまで教師中心に構成していた授業展開を見直し,指導案の改善のために生徒の声を取り入れようとしている.一方で,マンガの作成は,教師だけでなく複数の生徒の自由な声が存在することから,指導案を改善するための基礎となる活動である.つまり,教育実習生が指導案を自ら改善するには,マンガ表現による授業シミュレーションに加え,その振り返りが不可欠といえる.

The process of improving teaching plans using cartoon-based teaching simulation, and the effects of the improvement process were examined. Students' activity of reviewing cartoon which they created themselves helps to seize the class lesson in the cartoon comprehensively as well as offers the opportunity to examine the conventional way of teacher-centered lesson as students' opinions begin to be accepted so that the teaching plan will be improved. On the other hand, creating a cartoon is a fundamental activity to improve the teaching plan since we hear free voices from not only teachers but more than one student. In other words, in order for student teachers to improve their educational guideline, it is necessary to conduct cartoon-based teaching simulation and review it.

収録刊行物

  • 日本教育工学会論文誌

    日本教育工学会論文誌 37(4), 469-478, 2014

    日本教育工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009807024
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11964147
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-8290
  • NDL 記事登録ID
    025358794
  • NDL 請求記号
    Z7-904
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ