知的障害のある自閉症スペクトラム障害児における「不自然な状況」に関する報告言語行動の指導 Training of a Child with Autistic Spectrum Disorder and Mental Retardation to Explain about the Unnatural Situations

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は自閉症スペクトラム障害の8歳男児1名を対象に、実際の人間が演じる様子を見て「自然な状況」については報告せず「不自然な状況」についてのみ報告する指導の効果を検証した。訓練において、男児は、「おかしなことがあったら教えてね」という教示の後、室内で起きた、普段起こらない不自然な状況を見て、その内容について聞き手に報告する指導を受けた。その後、数メートル離れた別の部屋で起きた不自然な状況について報告する指導を受けた。般化条件においては、訓練期に用いなかった「不自然な状況」を演じた、または訓練期に演じなかった別の演じ手が演じた。その結果、「不自然な状況」について自発的な報告は生起したものの、安定はしなかった。また本人が興味を持ったものに般化が見られたことから、(1)報告内容を自分が決められること、(2)報告内容が同じではないこと、(3)報告する内容が興味のあるものであること、(4)正の強化を受けやすい報告内容を設定すること、の必要性が考察された。

The present study examined the effects of tact training of a 8-year-old male child with autistic spectrum disorders using actual performance to explain not the natural situation but the unnatural situation. In the training sessions, the child was said, "If the unnatural event was happen, please tell me", and shown several actual performance of actors acted naturally (the natural situation) or unnaturally (the unnatural situation). Then, in subsequent generalization sessions, he was shown different actual performance of same actors that had not been used in the training sessions as well as other video clips of other actors exhibited. The results showed that voluntary tact was occurred but not every performances. From the episode after training that he can tell about only topic which he is interested in, tact training should be 1) speaker can select what he want to describe, 2) what to describe is not always same, 3) speaker is interested in what to describe, 4) what to describe is to evoke positive reinforcement easily.

収録刊行物

  • 障害科学研究

    障害科学研究 38, 185-197, 2014

    障害科学学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009807073
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12215065
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1881-5812
  • NDL 記事登録ID
    025475706
  • NDL 請求記号
    Z7-1307
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  NDL-Digital 
ページトップへ