「地球環境学リポジトリ」-セマンティック技術による研究資源の異分野連携  [in Japanese] Repository for humanity and nature-Interdisciplinary resource sharing using semantic technology  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

総合地球環境学研究所を中心に進められている 「大学間連携を通じた広域アジアにおける地球環境学リポジトリの構築-環境保全と地域振興を目指す新たな知の拠点形成事業-」 事業は,30 余りの国公私立大学の研究センターなどが参加し,地球環境学に関連するそれぞれの研究資源へのアクセスを可能にする,いわば学問分野のためのリポジトリの構築を目指すものである.研究資源の対象としては,地域研究や歴史などの人文科学分野の資史料からリモートセンシングや環境モニタリングなどの自然科学系のデータまで多様なものが含まれる.本報告では,これらの研究資源をセマンティク技術による 「知識」 という共通の枠組みで捉える試みについて紹介する.

"Repository for Humanity and Nature in Asia Region- Inter-University Knowledge Base for Global Environmental Issues" is a project of Research Institute for Humanity and Nature collaborating with more than 30 research institutes of universities in Japan. Main objective of the project is interdisciplinary resource sharing among the institutes, and the project will develop a repository for environmental study, using semantic technology.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2014-CH-103(1), 1-6, 2014-07-26

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009808984
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top