交渉のモデルとしての消耗戦をめぐる3つの謎  [in Japanese] Three questions about the war of attrition as the model of bargaining  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

消耗戦モデルは交渉のモデルとしてしばしば使われてきた。しかし,もともと生物の駆け引きの分析のために考え出されたモデルを人間の交渉の分析に当てはめるために,いくつかの強い仮定が置かれている。この小論は,これまでのモデルが現実の交渉をうまく近似しているかを吟味する。3つの大きな疑問を立て,さらにそれらを小さな疑問に分解し,疑問に一つずつ答える形で定式化の妥当性について検討する。

Journal

  • Gakushuin economic papers

    Gakushuin economic papers 50(4), 83-96, 2014-01

    Gakushuin University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009809108
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00038827
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0016-3953
  • NDL Article ID
    025358657
  • NDL Call No.
    Z3-6
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top