震災で発生したコンクリートがらの漁場施設への適用性に関する研究 Study of Seaweed Breeding Reef Recycling the Concrete Rubble Which Occurred in the Earthquake Disaster

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2011年3月11日の東日本大震災に伴い,被災地では膨大な量の災害廃棄物が発生し,岩手,宮城,福島の3県で発生した災害廃棄物量は約2,200万トンにのぼった。発災から1年経過した2012年3月時点では,災害廃棄物(解体により生じるものを除く)の96%が仮置場に搬入されたが,処理が完了したものは6.7%であり,被災地の早期の復興には,迅速な処理が必要である。被災地の災害廃棄物は,被災したコンクリート構造物などから発生したコンクリートくず(以下,コンクリートがら),金属くず,柱材・角材,可燃系混合物,不燃系混合物,畳,およびその他に分別され仮置き場に集積された。集積された災害廃棄物のうち,金属くずは再生処理業者により有価物として引き取られ,鋼材などに再生される。また,コンクリートがらは,建設リサイクルの推進を背景に,再生骨材(最大粒径40mm以下)や再生砕石(最大粒径100mm以下)に再利用されている。しかし,再生処理のためには,再生プラントへの材料運搬費用や最大粒径以下にするための数段階の破砕処理(移動式クラッシャーの使用や再生骨材プラントでの処理)費用が必要である。

The mammoth earthquake and tsunami that resulted in the death of tens of thousands and wiped out coastal cities in northeast Japan left the region to deal with 22 million tons of rubble, perhaps the biggest recycling challenge ever. It examined a way of manufacturing the concrete block as substrata for seaweed, which used concrete rubble. The postpacked and prepacked concrete using recycled coarse aggregate, concrete rubble were experimented. As the result, the postpacked method was easy for the blocks as seaweed breeding reef to be composed. At the earthquake-stricken district, concrete blocks as seaweed breeding reef were manufactured using the concrete rubble in March, 2012. Seaweed on the block which were mounted in Otsuchi area in Iwate pref. were observed in April, 2013. Seaweed on the block was observed to 13 months after mounting. Cover of the seaweed on the block was 100 %. On the natural rock, it was 80%.

収録刊行物

  • 日本水産工学会誌

    日本水産工学会誌 50(3), 163-171, 2014

    日本水産工学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009809672
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10278554
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0916-7617
  • NDL 記事登録ID
    025387106
  • NDL 請求記号
    Z18-1327
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ