日本漫画と文化多様性 : マンガをめぐる現状と歴史的経緯(<特集>MANGA) Japanese Manga and Cultural Diversity : Historical & Cultural Aspects of Manga(<Special feature>MANGA)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では日本の漫画を広く絵物語のコンテクストの中で位置づけ,その文化史的な意義と可能性を明らかにする。日本の絵巻や浮世絵,絵草紙,漫画などの諸コンテンツは社会階級に依存せず創作され,また複製や二次創作を積極的に是認する文化を持つ。これは欧州型の,オリジナル作品にオーラがあるとみなし二次創作を是認せず,権威による作品の評価を基軸とするアートの文化とは大きく異なる。本稿では,絵物語の歴史を概観しながら,あらゆる社会の場から表出され,異なる立ち位置の人々の世界観を混淆循環させる力と多様性を持つメディアとしての絵物語空間に着目する。その上で,漫画の様な絵物語を日本のサブカルチャーではなくメインカルチャーとして位置づけその可能性を論じる。

In this paper, we treat "Japanese Manga" in the context of wide aspects of visual narratives and try to clarify its cultural significance as a medium of visual narrative communication. Japanese contents, such as poem, picture scroll, ukiyo-e print, and manga, are created from a variety of social class positions. We have a culture where we respect not only an original work but also its derivative works. In western culture, they respect only an original work and feel aura in an original one. Japanese visual narratives, such as manga and light novel, as contents that express variety of world views from a variety of social class. We recognize the visual narratives not as sub culture but as main culture in Japan and try to clarify its possibility for world wide narrative communication.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 64(4), 122-132, 2014

    一般社団法人 情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009810574
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    025391832
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ