浮世絵の3次元CGアニメーション化の試み Animating Ukiyo-e Painting by 3D CG

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿では,2次元の絵画作品をコンピュータグラフィクスによって3次元アニメーション化する試みを紹介する.対象とする絵画作品として浮世絵,具体的には歌川国芳の「みかけハこハゐがとんだいゝ人だ」を題材にする.この作品は,一見すると1人の男性を描いたように見えるが,よく見ると10数名の男性が寄り集まって大きな大人物を表現しているだまし絵になっている.本研究では,この作品を複数人物の登場する3次元CGアニメーションにする.そうすることで,特定の視点から描かれた浮世絵作品を異なる視点から見てみたり,作品として残された瞬間の前後の物語を想像したり,また,登場人物の1人の視点に乗り移ってみたり,という参加型の鑑賞が可能になると考えられる.本稿では,登場人物のCGモデルの作成,モーションキャプチャシステムを用いたモーションの取得,複数モデルが登場するアニメーションの時空間編集などの一連の作品制作のプロセスを説明する.そして,作成されたCG作品のバリエーションとして,作品鑑賞のための視点変化や重力シミュレーションの導入,登場人物のキャラクター変更などの例を紹介する.This paper presents a novel way of art appreciation by transforming 2D painting into 3D computer graphics. We chose a famous Ukiyo-e work titled "many people are assembled to create one good person" drawn by Kuniyoshi Utagawa in the Edo period. The painting provides an illusion that it seems a one man but shows many (over ten) persons asssembled to create the one person. We attemped to create 3D CG animation that shows the many persons being assembled into the one big person. Our aim is to provide a novel ways to appreciate the Ukiyo-e work by viewing the scene from various viewpoints and creating a story behind the assembling of many people. The paper describes processes of CG production, i.e., CG modeling of characters, motion capturing, spatio-temporal editting of animation. We also show several variation of CG works such as gravity simulation and replacement of characters.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON)

    情報処理学会論文誌デジタルコンテンツ(DCON) 2(2), 1-9, 2014-08-20

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009815591
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12628054
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Article
  • ISSN
    2187-8897
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ