Anandagarbhaの灌頂論  [in Japanese] Anandagarbha on adhisekakram  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

本稿は,瑜伽タントラ階梯を代表する学僧Anandagarbhaの主著Tattvaloka, Sarvavajrodayaを資料として彼の設定した灌頂次第の構造を明らかにし,もってインド密教儀礼の解明の一助とすることを目的とする。彼は灌頂に与かることの出来る者を仏教徒に限定し,更に受者が受持している戒に応じて2種の次第を設ける。即ち五戒のみを守り世間的な悉地の獲得を求める者には「弟子の灌頂(論文中ではBu stonに従い明灌頂という術語を用いる)」を,<五部族の三昧耶>など密教に特有の戒を得た者には更に「阿闍梨灌頂」を各々授けるとする。また阿闍梨灌頂としては,含まれる所作に広略のある「略・中・広・最広」の4次第を別立している。

Journal

  • THE CHISAN GAKUHO JOURNAL OF CHISAN STUDIES

    THE CHISAN GAKUHO JOURNAL OF CHISAN STUDIES 39(0), A15-A44, 1990

    CHISAN-KANGAKU-KAI

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009817404
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00141713
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0286-5661
  • NDL Article ID
    3343202
  • NDL Source Classification
    H82(宗教--仏教)
  • NDL Source Classification
    ZH7(哲学・宗教--宗教--仏教)
  • NDL Call No.
    Z9-216
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top