ヨーロッパ人権条約における同性婚と登録パートナーシップ : ヨーロッパ人権裁判所シャルクとコプフ対オーストリア事件とその後のオーストリア憲法裁判所判例より  [in Japanese] Registered Partnerships Versus Same-Sex Marriage in Light of the 2010 ECHR Case of Schalk and Kopf v. Austria Holding that the European Convention on Human Rights Does Not Oblige Member States to Legislate for or Legally Recognize Same-Sex Marriage and Subsequent Austrian Constitutional Court Cases  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

はじめにⅠ 関連する規定 1 ヨーロッパ人権条約12条 2 ヨーロッパ人権条約8条との関連における14条 3 欧州連合基本権憲章9条Ⅱ シャルクとコプフ対オーストリア事件 1 オーストリア憲法裁判所2003年12月12日判決 2 ヨーロッパ人権裁判所2010年6月24日判決  1 ) 判決までの経緯  2 ) 判決の結論  3 ) ヨーロッパ人権条約12条について  4 ) ヨーロッパ人権条約8条との関連における14条違反について  5 ) 反対意見  6 ) 補足意見 3 小活Ⅲ オーストリア憲法裁判所 1 男女カップルによる登録パートナーシップの可否 2 登録パートナーシップにおける複合氏の表記 3 登録パートナーシップ登録の管轄  1 ) 2010年登録パートナーシップ法における登録の管轄  2 ) オーストリア憲法裁判所2012年10月9日判決  3 ) オーストリア憲法裁判所2012年12月12日決定 4 小括Ⅳ 結び

Journal

  • 産大法学

    産大法学 47(1), 50-1, 2013-07

    Kyoto Sangyo University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009818036
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00099344
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0286-3782
  • NDL Article ID
    024767863
  • NDL Call No.
    Z2-275
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top