「変体漢文」の研究史と「倭(やまと)文体」 The History of the Study of "Anomalous Chinese Writing Style" and "Yamato Writing Style"

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

現在,古事記などの文章は,「変体漢文」であると一般に把握されている。「変体漢文」という呼称は,橋本進吉によって提唱され,漢文を記すことを志向しながらもその用法を誤って「変則な書き方」になったもの,それを「変体漢文」と命名した。一方,橋本は,古事記などの文章については,漢字を用い慣れるに従って日本語をも漢字で書くようになり,その文章は「変体漢文」ではなく「和文」であると把握した。それ以降の研究史を辿ってみると,橋本の道理に適った「変体漢文」という捉え方が正確に継承されず,橋本の主要な発言を見過ごし,また誤解したまま今に至っているというのが現状である。が,その捉え方がすでに長く行われているのだからそれでよしとするのではなく,もう一度,理に適った論に立ち返り,考え直すべきであると筆者は考える。本稿は,研究史の実態を炙り出すところにその主眼をおき,あわせて研究史と関わらせつつ倭(やまと)文体についてとり挙げることにする。

At present, it is generally understood that the sentences of Kojiki are written in "anomalous Chinese writing style". The name, "anomalous Chinese writing style", was advocated by Hashimoto Shinkichi. According to him, "anomalous Chinese writing style" is the writing style which was intended to be in the regular Chinese writing style, but written in a different style by mistake. Hashimoto understood that the sentences of Kojiki were not written in "anomalous Chinese writing style" but in " Yamato writing style" in which the Japanese sentences were written using Chinese characters. Following the history of the study since then, Hashimoto's logical understanding of "anomalous Chinese writing style" was not correctly passed on. His cardinal statement has been overlooked and misunderstood until now. In this paper, the author examines the history of the study concerning "Yamato writing style" and claims that we need to go back and start the logical discussion on Hashimoto's understanding, not to leave the misunderstanding as it is, and reconsider Hashimoto's statement.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 10(1), 1-15, 2014

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009818193
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    025101354
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ