製品イノベーションのためのP2M : 進化モデルとして見る事業ドライバーとイノベーション創出  [in Japanese] P2M for Product Innovation : Innovation Methodology for Corporate Sustainable Program  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

既報では、3S(スキーム・システム・サービス)標準プロジェクトモデルに基づく価値創出モデルのための進化型イノベーションを課題とし、製品イノベーションを意図的に起こす手法論について進化ゲーム理論を援用し展開してきた。本論では、プログラムとしてプロジェクトサイクルを回す際、その引き金(ドライバー)となる要因(ヒト、モノ、カネ、情報)とイベントを進化ゲーム理論における戦略(現時点、将来、環境)に置き換えることによって事業ライフサイクルにおける3Sモデル間の接続をマネジメントする方法について説明する。更に、進化ゲーム理論による製品イノベーション・サイクルについて、進むべき方向性を決定する指標と共に提示し、マネジメントする方法を提案する。

In the previous paper, the authors focused on the evolutionary innovation for value creation model based on the 3S standard project models and reported the product innovation methodology by referring the evolutionary game theory. In this paper, a management methodology between 3S models in business life cycle is explained with drivers and events in a program life cycle. The product innovation cycle is also presented as a methodology that is related to strategic states regarding present, future, and environment under the evolutionary game theory framework.

Journal

  • Journal of International Association of P2M

    Journal of International Association of P2M 8(1), 21-33, 2013

    International Association of P2M

Codes

Page Top