E-learningガイドエージェントの姿勢変更による学習への引き込み効果の測定(学習支援システムの新展開/一般) Investigation of engagement in learning by changing posture of an e-learning-guide agent

この論文をさがす

著者

    • 長谷川 大 HASEGAWA Dai
    • 青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科 Department of Integrated Information Technology, Aoyama Gakuin University
    • 佐久田 博司 SAKUTA Hiroshi
    • 青山学院大学理工学部情報テクノロジー学科 Department of Integrated Information Technology, Aoyama Gakuin University

抄録

E-learning は教育者不在の自学・自習であるため,学習意欲・動機付けの維持・向上し安定した学習効果を得ること困難である.本稿では,e-Learningによる学習効果向上を目的として,擬人化された対話エージェントが e-Learningのガイドを行うシステムを提案する.また、学習者-対話エージェント間の最適なインタラクションを模索するために,対話エージェントの人間らしい姿勢(体の向き)変更が学習行為・学習効果に与える影響の調査を行った.本調査では、姿勢変更を行うエージェントと姿勢変更を行わない対話エージェントによるe-learningのガイドが, a) 学習意欲,b) 学習への没入感, c) エージェントの印象, d) 学習効果に与える影響の比較を行った.41名の参加者による実験の結果,姿勢変更を行うエージェントによるe-learningガイドは,姿勢変更を行わないエージェントと比較して,より学習への没入感および学習意欲を向上させることを確認した.しかしながら,本実験では学習効果に統計的な有意差がみられなかった.

In e-learning, users have to learn by themselves without educators. It is, therefore, difficult for them to maintain or increase their motivation to learn. In this article, to improve learning efficacy of e-learning, we propose an e-learning system in which an embodied conversational agent, interactively and human-likely, guides the learners into a tour of the learning contents. In addition, we investigated an effect of using posture of the agent on a) users' learning motivation, b) engagement, c) perception of the agent, and d) learning efficacy. Forty one undergraduate students participated in our empirical study and we found out that by human-likely using posture the agent could improve learning motivation and engagement of the participants.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学

    電子情報通信学会技術研究報告. ET, 教育工学 113(229), 39-42, 2013-09-21

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009821044
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013163
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    09135685
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ