異なる視点から描かれたイラストからの2.5Dモデル生成  [in Japanese] 2.5D Modeling from Illustrations of Different Views  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

キャラクタデザインの際,キャラクタの正面,側面や斜めなどから見たイラストが描かれる.本研究ではそのような異なる視点から描かれた 2 枚のイラストを用いて 2.5D モデルを生成する.2.5D モデルは変形するビルボードを奥行き方向に重ねたモデルであり,2 視点の間のキャラクタの見え方を,奥行きを考慮して表現できる.提案手法は単色の輪郭線と閉領域で構成されたカートゥン調のイラストと各イラストの視線方向を入力とする.各閉領域を 2 枚のイラスト間で対応付け,対応付けられた閉領域を 3D 空間にビルボードとして配置することで 2.5D モデルを作成する.これらは半自動的に処理される.さらに提案手法は,遮蔽によって消失・出現する閉領域の補完を行うことで,視点が変わった時に遮蔽されて見えなくなっていくような部分が存在するイラストの補間も可能にした.

When artists design characters, they draw illustrations viewed from the front, side or slant views. In this paper, we create a 2.5D model using such illustrations. A 2.5D model is a model that is created by arranging deformable billboards in the depth direction, and it can express an appearance of the character between two viewpoints with considering depth information. Our method uses two cartoon-like illustrations and eye directions as inputs. These illustrations are consisted of contours and closed regions painted with uniform colors. Our method finds corresponding regions between two illustrations, and creates a 2.5D model by putting each matched region as a billboard in 3D space. These processes are semi-automatic. By completing regions that appear or vanish, our method can interpolate illustrations with occluded regions.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2014-CG-156(7), 1-6, 2014-09-09

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009821890
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10100541
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top