移植と最先端医療 移植(5)腎臓  [in Japanese] Transplantation and the Most Advanced Medical Treatment : Transplantation(5)Current Situation and Issues for Kidney  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 乾 政志 Inui Masashi
    • 東京女子医科大学八千代医療センター泌尿器科 Department of Urology, Tokyo Women's Medical University Yachiyo Medical Center

Abstract

腎移植は透析療法と並んで末期腎臓病(End Stage Kidney Disease; ESKD) に対する有効な治療法であり、良好な生命予後と高いQOLが得られる根本的治療である。 2012年の実施件数は1605件であり、過去10年間で倍増した。腹腔鏡下ドナー手術の普及や配偶者ドナーからの移植の増加、ABO血液型不適合移植の普及などを背景とした生体腎移植件数の着実な増加の一方で、献腎移植件数は伸び悩んでおり、ドナー不足による待機期間の長期化が問題となっている。近親者からの提供の機会に恵まれない献腎移植待機患者にとって極めて深刻な事態である。治療成績は生体、献腎移植ともに年代を追うごとに向上しており、特に2000年以降の生体腎移植における5年生存率は96.4%、生着率は91%と良好である。 ミコフェノール酸モフェチル、バシリキシマブ、リツキシマブなど新規免疫抑制薬の登場による急性拒絶反応の減少、抗ウイルス剤やモニタリングによる感染症コントロールの改善や内科的合併症管理の向上などがこれらに寄与しているものと思われる。移植腎喪失の最大の原因は慢性拒絶反応であり、その発生には、長期の免疫抑制剤の服用とも関連する高血圧、脂質異常症、耐糖能異常、腎毒性などの非免疫学的な機序と慢性抗体関連拒絶反応などの免疫学的な機序の両者の関与が想定されている。後者では、移植後新たに出現するドナー特異的HLA抗体 (de novo DSA) が移植腎喪失と関連し、ノンアドヒアランス(服薬不遵守)、HLAミスマッチ、先行する拒絶反応の関与が指摘されている。内科的管理の徹底とプロトコール腎生検やDSAのモニタリングなどの免疫学的管理によりさらなる長期成績の向上が期待される。

Kidney transplantation has become the treatment of choice for end-stage kidney disease. Kidney transplantation reduces mortality risk and improves quality of life compared with dialysis therapy. The number of kidney transplantations in Japan has doubled in the past 10 years. The increased number of laparoscopic donor nephrectomies, ABO incompatible kidney transplantations, and spousal renal donations has contributed to the increase in the number of living donor kidney transplantations. On the other hand, the number of deceased donor kidney transplantations remains low. More than 12,000 people are on the waiting list to receive a deceased donor kidney. The mean waiting time for a kidney is >15 years. The 5-year patient and graft survival rates in living donor kidney transplantations are 96.4% and 91.0%. Although the short- and middle-term outcomes have markedly improved, there are many issues to resolve to achieve better long-term graft survival.

Journal

  • Journal of Tokyo Women's Medical College

    Journal of Tokyo Women's Medical College 84(4), 109-114, 2014-08

    Tokyo Women's Medical University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009822745
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00161368
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0040-9022
  • NDL Article ID
    025788355
  • NDL Call No.
    Z19-400
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top