図書館で働きたい人へ(<特集>図書館員のヒント) You Want to be a Librarian?(<Special feature>Hints of Librarians)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,安価な労働力として学生を雇うアルバイトとは一線を画し,学生と職員が協働して図書館を運営する学生協働という取り組みが注目され,多くの大学図書館で実施されている。筆者も大学在学中に学生協働を経験した一人だ。その時に得た経験から大学図書館員という仕事に興味を持ち,母校の大学図書館に就職して今年で3年目になる。本稿では,学生時代の実体験を振り返りながら,学生協働の意義と課題について考察するとともに,図書館員になるための最近の勉強法や,図書館員として実際に働いてみて感じたこと,図書館員の将来について思うことを述べる。

In recent years, many university libraries use students as library assistants. I was also one who worked as library assistants in university. Interested in the job of university librarians from that experience, this is my third year working at Yamaguchi University Library. In this paper, I take a look at my experience of school days, as well as discuss the challenges and significance of student collaboration. Then I state the study method to become a librarian and what I feel to be actually working as a librarian and what I think of future of librarians.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術

    情報の科学と技術 64(6), 223-229, 2014

    情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009823713
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    journal article
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    025475796
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR  J-STAGE 
ページトップへ