半開きの対話 : 対話型鑑賞における美学的背景についての一考察 Half-Open Dialogue : A Study of the Aesthetic Background of Dialogical Appreciation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北野 諒 KITANO Ryo
    • 京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター Kyoto University of Art and Design Art Communication Research Center

抄録

本稿は,対話型鑑賞における美学的背景についての考察を経由して,芸術をめぐる学びとコミュニケーションの様態を再検討することを目的としている。具体的には,「開かれた作品」「(敵対と)関係性の美学」といった美学理論の解題から,「半開き性」という鍵概念-芸術/学び/コミュニケーションの基礎的条件をなす弁証法的運動-を抽出し,分析を展開していく。行論のすえ,本稿はふたつの可能性(暫定的な結論と仮説の提議)にいたるだろう。ひとつは,「半開き性」を,対話型鑑賞の学びの場面へ実際的に応用する「半開きの対話」の可能性(暫定的な結論)。もうひとつは,「半開きの対話」を楔に,コミュニケーションをメディウムとした現代アートの作品群と芸術教育の実践群とを接着し,新たな芸術教育パラダイムのコンセプト・モデルとして胚胎させる可能性(仮説の提議)である。

In Japan, MoMA's Visual Thinking Curriculum (VTC), an educational program introduced in the late 90's by Amelia Arenas, has garnered much interest amongst art educators. In this paper, I refer to the VTC-based practices used in Japan as "Dialogical Appreciation". This study aims to clarify the aestheic background of Dialogical Appreciation, and discusses a reexamination of art education through communication. Specifically, I consider the theories described in "The Open Work" (Umberto Eco), "Relational Aesthetics" (Nicolas Bourriaud), and "Antagonism and Relational Aesthetics" (Claire Bishop) to be aesthetic theories of Dialogical Appreciation. Utilizing this theoretical background I describe the idea of "Half-Openness" as a way of contributing to current understandings of VTC in Japan. "Half-Openness" is a dialectic between text / context and agreement / antagonism, that occurs at various levels of communication from individuals to communities. I conclude that "Half-Openness" forms the base of Dialogical Appreciation, and propose its potential for wide application in art education.

収録刊行物

  • 美術教育学:美術科教育学会誌

    美術教育学:美術科教育学会誌 34(0), 133-145, 2013

    美術科教育学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009823772
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10180722
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0917-771X
  • NDL 記事登録ID
    024437675
  • NDL 請求記号
    Z7-3201
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ