音声認識応用システムのための音声コマンド設計ガイドライン  [in Japanese] The Guidelines for Design of Voice Commands in Application Systems with Speech Recognition  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

近年,音声認識技術とそれを応用したシステムは急速に身近になってきている.音声認識応用システムでは,設計段階でアプリケーションの機能とそれに対応する音声コマンドを定義する必要がある.音声コマンドの設計は,開発者にとってはシステムの性能を引き出す重要事項であり,利用するユーザにとっては使い勝手を決定する主要因となる.JEITA音声入出力方式標準化専門委員会では,音声コマンドの親密度や正確性,発声や音声認識のしやすさなど,音声コマンドの設計における留意点や指針を整理し,ガイドラインとしてまとめている.本稿では,そのエッセンスについて解説する.

Journal

  • The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers

    The Journal of the Institute of Electronics, Information, and Communication Engineers 97(7), 582-587, 2014-07

    The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009830844
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1001339X
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL Article ID
    025639982
  • NDL Call No.
    Z16-192
  • Data Source
    NDL  NII-ELS 
Page Top