RGB-Dセンサを用いた皿および手の追跡による摂食行動記録システムの提案  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 前川卓也
    • 大阪大学|国際電気通信基礎技術研究所 Osaka University | Advanced Telecommunications Research Institute International (ATR)

Abstract

日々の食生活を記録する食事ログにおいて,RGB-Dセンサを用いることでユーザが食事を摂る際の詳細な食行動を自動的にセンシングできる食事ログシステムを提案する.デジタルカメラなどを用いた写真による食事の記録では,画像処理により食事全体のカロリーは取得できるが,ユーザがどの料理をどのような順序で摂食したかを記録することはできない.本研究では,RGB-Dセンサを用いて取得した時系列データから,皿とユーザの手の位置を追跡することにより詳細な摂食情報を取得する.これにより,ユーザはより詳細な食事記録を食事ログアプリケーションに利用することができる.

Journal

  • IPSJ SIG technical reports

    IPSJ SIG technical reports 2014-HCI-160(13), 1-8, 2014-10-07

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009831869
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA1221543X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • ISSN
    09196072
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top