市民の生態系サービスへの認知が保全行動意図に及ぼす影響 : 全国アンケートを用いた社会心理学的分析 Effects of the awareness of ecosystem services on the behavioral intentions of citizens toward conservation actions : A social psychological approach

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

2010年に開催された第10回生物多様性条約締約国会議(COP10)で合意された、愛知ターゲットの戦略目標Aにおいて、多様な主体の保全活動への参加の促進が達成すべき目標として掲げられている。この目標を達成し広範で継続的な保全活動を実現するためには、重要な担い手となる、市民の保全活動への参加あるいは保全行動意図をどのように高めるかが重要な課題である。本研究では、社会心理学の分野で用いられる意思決定モデルを援用し「生態系サービスの認知」から「保全に関連強い行動意図」(以下、「行動意図」)へ至る市民の意思決定プロセスを定量的に明らかにすることを目的に、市民を対象とした全国規模のアンケート調査を実施した。既存の社会心理学の意思決定モデルにもとづきアンケートを設計し、4つの「生態系サービス(基盤・調整・供給・文化的サービス)」から恩恵を受けていると感じていること(生態系サービスの認知)と「行動意図」の関係を記述する仮説モデルの検証を行った。インターネットを通じたアンケート調査により、5,225人について得られたデータを元に共分散構造分析を用いて解析した結果、「行動意図」に至る意思決定プロセスは、4つの生態系サービスのうち「文化的サービス」のみのモデルが選択され、有意な関係性が認められた。社会認知に関わる要素では、周囲からの目線である「社会規範」や行動にかかる時間や労力などの「コスト感」がそれぞれ「行動意図」に影響しており、これらの影響度合いは「文化的サービス」からのものより大きかった。居住地に対する「愛着」は「社会規範」や「コスト感」との有意な関係が認められた。さらに、回答者の居住地の都市化の度合いから、回答者を3つにグループ分けして行った解析結果から、上記の関係性は居住環境によらず同様に成立することが示唆された。これらの結果は、個人の保全行動を促すためには、身近な人が行動していることを認知するなどの社会認知を広めることに加えて、生態系サービスのうち特に、「文化的サービス」からの恩恵に対する認知を高めることが重要となる可能性があることを示している。

The involvement of a wide range of stakeholders in conservation actions is essential for achieving lasting conservation efforts at a large spatial scale. This issue was one primary focus of the Aichi Biodiversity Target endorsed at the COP10 of the Convention on Biological Diversity. Citizen participation is particularly important given the potential for addressing a wide spectrum of issues concerning biodiversity conservation. To facilitate such participation, it is necessary to understand how behavioral intentions toward conservation actions are determined and which factors play important roles in this process. Here, we examined how awareness of ecosystem services affects the behavioral intentions of citizens to engage in conservation efforts. We designed a questionnaire asking individuals to rate their awareness of various ecosystem services on a scale of one to five. Data were collected from 5225 people through an internet survey. Using structural equation analysis, the data were used to test a decision-making model modified from an existing social psychological model to incorporate causal paths from awareness of ecosystem services to behavioral intentions toward conservation actions. Our results demonstrated that awareness of only one (cultural) of four (basal, provisional, regulation, and cultural) types of ecological services significantly facilitated positive behavioral intentions toward conservation efforts. Additionally, the social physiological terms "consciousness of social norms" and "consciousness of cost of the activity" had significant positive and negative effects, respectively, on behavioral intentions. Moreover, these relationships were robust regardless of the degree of urbanization of the area in which the respondents lived. These results suggest that improving citizen awareness of ecosystem services, especially cultural services, is likely to facilitate participation in conservation activities.

収録刊行物

  • 保全生態学研究

    保全生態学研究 19(1), 15-26, 2014

    一般社団法人 日本生態学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009832026
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11857952
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1342-4327
  • NDL 記事登録ID
    026089178
  • NDL 請求記号
    Z18-B498
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ