東京の市街化地域を通過する海風の熱収支  [in Japanese] Heat Budget of Sea Breezes Passing through Urbanized Areas of Tokyo  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

都市化の進んだ東京の夏季日中の大気構造把握を目的として,都心部で東京湾岸から9.5kmの東京大学と,その北西12.3kmの郊外域との境界部において低層用ラジオゾンデによる境界層観測を行った.その他2地点でも補助的な観測を行った.得られたデータから,連続する3日間の海風の発達経過を調べ,海風気塊の熱構造の変動を追った.熱構造がほぼ定常的な午後の時間帯に,対流混合層が成長する形で前記2地点間を進む海風の加熱率は600Wm^<-2>前後と算定された.この加熱の主要構成要素は地表からの顕熱フラックスと都市人工排熱と考えられ,これらの和が600Wm^<-2>程度となるためには,両者とも従来の観測事例や見積り量に比べ,かなり大きな値であることがうかがわれた.

Journal

  • 天気

    天気 61(7), 541-548, 2014-07

    日本気象学会

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009832812
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00151568
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    0546-0921
  • NDL Article ID
    025740101
  • NDL Call No.
    Z15-35
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
Page Top