エビデンスに基づく実空間アシュアランスとセンシング技術 (小特集 知的環境を支えるセンサネットワーク : アンビエントセンサネットワーク) Evidence-based Real Space Assurance and Sensing Technologies

この論文をさがす

著者

抄録

建築物の老朽化監視や,農業・漁業等の一次産業への応用,人間の健康状態把握など,センシング技術が多様な目的で応用されつつある.それらにおいてセンシングは,目的を達成するために必要となるエビデンスを実空間から収集する技術と位置付けられる.本稿では,まず様々なセンシング技術を紹介し,データを空間横断的に利活用するためのシステムや,実空間の課題を解決するための応用技術としてエビデンス指向システム等について解説する.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers

    電子情報通信学会誌 = The journal of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers 97(8), 670-674, 2014-08

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009833251
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001339X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5693
  • NDL 記事登録ID
    025739015
  • NDL 請求記号
    Z16-192
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ