Euthalia moninaの幼虫は有毒か? Is the Euthalia monina larva venomous?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イナズマチョウ属Euthaliaの幼虫の棘に毒性があるかどうかを調べるために,モニナイナズマEuthalia moninaとビャッコイナズマE. byakko各々5齢幼虫の形態を観察し,さらに被験者(50歳,男性)の皮膚へ直接触れさせる方法により皮膚炎発症の有無を確認する実験を行った.形態観察の結果,E. moninaの幼虫背面の棘に黄色の球状部が多数認められるのに対し,E. byakkoにはほとんど認められないことが判明した.さらに,被験者の前腕部に虫体を付着させる実験で,E. moninaでは虫体が皮膚に触れると疼痛をもたらし,10分後に早くも付着部皮膚に皮膚炎(痒みを伴う紅斑や膨疹)が出現し,48時間後にはそれが幼虫の形に浮き出るほど進行した.結局,これらの症状が消失するまでに120時間(5日間)以上を要した.これは既に毒棘による皮膚炎の発症が報告されているマダラガ科Zygaenidae幼虫による反応に近いと考えられた.一方,E. byakkoでは皮膚にそのような変化はまったく認められなかった.以上の結果から,E. monina 5齢幼虫の棘から毒液が分泌される可能性が示され,これが,背部の棘にある黄色の球状部に含まれている可能性があることが示唆された.一方E. byakko 5齢幼虫にはそのようなことがなかったという事実は,毒棘がEuthalia属幼虫すべてに存在するものではないことを示している.

We examined fifth instar larvae of Euthalia monina and E. byakko of the Lao P.D.R. for venomous properties by observation of the form of the larval spines and a contact experiment of the spines to human skin. On the basis of our results, we suggested that E. monina spines contain a venomous liquid.

収録刊行物

  • 蝶と蛾

    蝶と蛾 65(2), 60-64, 2014

    日本鱗翅学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009839088
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00147618
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0024-0974
  • NDL 記事登録ID
    025736797
  • NDL 請求記号
    Z18-73
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ