ファミリー・サポート・センター事業の実施状況と課題 : 4センターにおける聞き取り調査を通じて A study of situations and problems of family support centers : based on fact-finding interviews

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

研究ノート・資料(Note)本稿は、ファミリー・サポート・センター事業の実施状況の一端を聞き取り調査から明らかにするとともに、課題点について考察を行っている。その結果、同事業の実施状況は「市区町村や委託先の実施主体の方針」と「地域の保育関連サービスの状況」によって、市区町村ごとにさまざまであることが確認された。加えて、事業の運営に関して明確な規定が存在しないことは、柔軟な運営が可能となり、個々の地域の援助ニーズに応じた対応が実施されることにつながっている一方、他の専門的な子育て支援や保育関連事業との関係性が不明瞭になっているという課題が存在した。また、自家用車を用いた送迎援助の増加という新たな検討課題も存在している。The paper clarifies the enforcement situation of the family support center from Interviews and considers a problem. As a result, as for the enforcement situation of the family support center was affected by "an enforcement-based policy of the city and district municipalities and trust" and "the situation of the local childcare service", and the thing that varied was confirmed in every city and district municipalities. In addition, because there is not a clear rule, flexible administration is carried out about administration and can carry out the correspondence that accepted local help needs. However,the difference with other specialized childcare services become indistinct. In addition, there is the new problem of the increase in pickup help using the privately-owned car.

収録刊行物

  • 同志社政策科学研究

    同志社政策科学研究 16(1), 87-103, 2014-09

    同志社大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009839429
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11408121
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1880-8336
  • NDL 記事登録ID
    025822306
  • NDL 請求記号
    Z71-P636
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ