アスペクト指向を利用したアーキテクチャ設計に関する考察 About Design of Software Architecture using Aspect-Orientation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ソフトウェアおよびソフトウェア開発にとって、ソフトウェアアーキテクチャは非常に重要である。その一方で、今日ソフトウェアアーキテクチャの設計はますます難しくなってきている。それは、堅牢なソフトウェアアーキテクチャが、しばしばサイズの増大と変化への迅速な対応に対して衝突するからである。我々は、サイズと変化に対応できる柔軟なソフトウェアアーキテクチャの実現のために、アプリケーションとの支配関係の逆転を実現するソフトウェアアーキテクチャについて検討を始めている。本稿では、現在検討中のアスペクト指向を利用した柔らかいソフトウェアアーキテクチャの設計について述べる。Software architecture is very important for software itself and development of software. However, designing of software architecture is getting more and more difficult, because of scalability of software and agility of software development. We are considering software architecture design using aspect-oriented technologies, which enables inversion of dominance relationship between software architecture and application core functionalities. In this paper, we describe our basic idea of this software architecture design.

Software architecture is very important for software itself and development of software. However, designing of software architecture is getting more and more difficult, because of scalability of software and agility of software development. We are considering software architecture design using aspect-oriented technologies, which enables inversion of dominance relationship between software architecture and application core functionalities. In this paper, we describe our basic idea of this software architecture design.

収録刊行物

  • 研究報告ソフトウェア工学(SE)

    研究報告ソフトウェア工学(SE) 2014-SE-186(17), 1-3, 2014-11-06

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009840475
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10112981
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Technical Report
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ