サービス・ドミナント・ロジックにおける価値共創概念と市場創造 : 「初音ミク」という市場創造を中心として Market Creation of "Hatsune Miku" : From the point of view of value co-creation concept in the service-dominant logic

この論文をさがす

著者

    • 斎藤 明 SAITO Akira
    • 実践女子大学人間社会学部 Faculty of Humanities and Social Science, Jissen Women's University

抄録

「サービス・ドミナント・ロジック(S-Dロジック)」は,消費者との相互作用に重点を置き,マーケティングにおける価値共創に関する議論に大きな影響を与えた。本研究では,「初音ミク」現象とよばれる市場創造プロセスをS-Dロジックにおける価値共創フレームワークにおいて考察する。そのうえで,「初音ミク」に象徴される新しい市場創造プロセスの解明と今後のマーケティング理論構築への接近を試みる。

"Service dominant logic (S-D logic)" had strong influence on the argument on the value co-creation in marketing with emphasis on an interaction with consumers. In the value co-creation framework in S-D logic, this research considers the market creation process of "Hatsune Miku".

収録刊行物

  • 情報文化学会誌

    情報文化学会誌 21(1), 29-36, 2014-08

    情報文化学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009840674
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10540318
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1340-6531
  • NDL 記事登録ID
    025775096
  • NDL 請求記号
    Z14-B152
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  NDL-Digital 
ページトップへ