地球意識計画 The Global Consciousness Project

Access this Article

Abstract

地球意識計画(GCP)と呼ばれる長期継続実験は、同期的に生成されたランダムデータの流れの中から、大規模な出来事によって生じるランダムでない構造を探索する。地球規模の乱数発生器(RNG)ネットワークが、最多で世界65箇所の並列ランダムデータの系列を記録し、「世界的な出来事(素晴らしい祝典や悲劇に対する広範囲の精神的・感情的な一時的反応と定義)」が起こっているときに期待値からデータが偏るという仮説を厳密な実験で検証する。現在進行中の再現実験は、指定された出来事の期間、ネットワーク中の相互作用を測定する。そして過去15年以上にわたる450件以上の公式仮説の結果は十分に期待値から離れており、帰無仮説に対して1兆分の1以下である。対照実験によって従来の物理学的説明や実験エラーは除外され、また実験計画法によって解釈が制限される。実験結果は、ある種の人間の意識が効果の源として含まれていることを示唆している。ランダムデータの微かな構造化は、人間の可干渉な注目と感情が物質世界に効果をもたらすことを示している。

A long term, continuing experiment called the Global Consciousness Project (GCP) looks for non-random structure in synchronized random data streams generated during major events. A global network of random number generators (RNGs) records parallel sequences of random data at up to 65 sites around the world, and a rigorous experiment tests the hypothesis that the data will deviate from expectation during "global events" defined as transitory episodes of widespread mental and emotional response to great celebrations and tragedies. The ongoing replication experiment measures correlations across the network during the designated events, and the result from more than 450 formal hypothesis tests over the past 15 years departs substantially from expectation, with odds of more than a trillion to one against the null hypothesis. Controls exclude conventional physical explanations or experimental error, and the experimental design constrains interpretation. The results suggest that some aspect of human consciousness is involved as a source of the effects. The subtle structuring of random data indicates an effect of coherent human attention and emotion in the physical world.

Journal

  • Journal of International Society of Life Information Science

    Journal of International Society of Life Information Science 32(2), 185-192, 2014

    International Society of Life Information Science

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009840854
  • Text Lang
    ENG
  • ISSN
    1341-9226
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top