海外子会社の現地化とマネジメント・コントロール : 日系グローバル企業のケーススタディ  [in Japanese] Nationality of Subsidiary Top Management and Management Control Style : A Case Study of Japanese Global Firms  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

グローバルに事業を展開する日本企業2社のケーススタディを通じて,海外子会社のトップ・マネジメントの国籍の違いと日本本社から海外子会社へのマネジメント・コントロールの違いを分析する。結論として,海外子会社のトップ・マネジメントの国籍にかかわらず,「文化によるコントロール」を重視する傾向があることを指摘する。

Journal

  • The Journal of Cost Accounting Research

    The Journal of Cost Accounting Research 38(2), 27-38, 2014

    The Japan Cost Accounting Association.

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009841712
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1349-6530
  • Data Source
    NII-ELS  J-STAGE 
Page Top