ソーシャルSQLデータベースを用いたアプリケーションの開発  [in Japanese]

Search this Article

Author(s)

Abstract

ソーシャル SQL データベースとは,各ユーザがそれぞれの計算機にデータベースを持ち,SNS(Social Networking Service) を利用して実現されたオーバレイネットワークにより相互利用が可能な関係データベースである.従来のソーシャル SQL データベースでは,一度に単一のデータベースを用いるアプリケーションしか開発されていなかった.ビューの切り替えによるデータベースのアクセス制御がやりにくかった.また,Web ブラウザ用の API は提供されていたが,それを活用したアプリケーションは存在しなかった.本研究では,ソーシャル SQL データベースを用いて複数のリモートデータベースを同時に利用できるアプリケーションを実現する.このアプリケーションを,Web ブラウザ用の API を用いて開発する.ローカルのデータベースと複数のリモートのデータベースを統合するために,本研究では MySQL の Federated エンジンを利用する.より簡便なアクセス制御を実現するために,本研究では MySQL のプロキシにおいて ACL(Access Control List) を評価し,SQL 文の置換,および,結果セットの書き換えを行う.本研究を評価するために,Twitter のタイムラインのようなアプリケーション,および,スケジュール管理アプリケーションを実装する.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2014-DBS-160(5), 1-7, 2014-11-11

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009842500
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10112482
  • Text Lang
    JPN
  • Data Source
    NII-ELS 
Page Top