フランス第三共和政初期の師範学校改革 : 「共和国の黒衣の軽騎兵」養成機関廃止論争をめぐって  [in Japanese] Les rEformes des Ecoles normales primaires aux dEbuts de la IIIe REpublque franCaise : Autour des dEbats sur les Ecoles des hussards noirs de la REpublique  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

20世紀初頭のフランスで、師範学校廃止の是非を巡って論争が行われた。廃止論は、民主的な単線型教育体制をめざす議論と一体となっていたが、同時に、初等教育に対する中等、高等教育のヘゲモニーを確保し、国民統合の強化によって階級対立を抑え込もうとする意図があった。だが、それは教養の水準の向上などによって自信を深め、共同生活を通じて団体精神を強め、さらに階級意識を持つにいたった初等師範学校出身者を先頭にした初等教員から激しい反発を招くことになる。

Journal

  • The Ryukoku journal of humanities and sciences

    The Ryukoku journal of humanities and sciences 36(1), 45-62, 2014-09

    Ryukoku University

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009843185
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00338616
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0289-0917
  • NDL Article ID
    025838055
  • NDL Call No.
    Z22-1258
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  IR 
Page Top