徳之島浅間方言のアクセント資料(1) Accent Data from the Asama Dialect in Tokunoshima, Amami: Part 1

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 上野 善道 UWANO Zendo
    • 国立国語研究所 理論・構造研究系 客員教授 Invited Professor, Department of Linguistic Theory and Structure, NINJAL

抄録

奄美群島徳之島の浅間方言を対象に,その複合名詞のアクセント資料を提示する。主として複合語アクセント規則の解明を目的とし,とりわけ「高起/低起の式保存」の成否に着目して調べたものであるが,同時に,長い単語を含むアクセント体系の全体を明らかにするためにも欠かせない資料と位置付けられる。

In this paper, accent data from the Asama dialect in Tokunoshima are presented with particular reference to compound nouns. These data serve as sources to clarify not only the compound accent rules, but also the accentual system of this dialect as a whole.

収録刊行物

  • 国立国語研究所論集

    国立国語研究所論集 8, 141-175, 2014-11

    国立国語研究所

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009846051
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12536262
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • ISSN
    2186134X
  • NDL 記事登録ID
    026563339
  • NDL 請求記号
    Z72-D421
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ