公衆衛生からみたインフルエンザ対策と社会防衛 -19世紀末から21世紀初頭にかけてのわが国の経験より- Public Health Intervention and Social Defense: From 19th to 21st Century Influenza Pandemics and "Non-Pandemics" in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 逢見 憲一 Ohmi Kenichi
    • 国立保健医療科学院公衆衛生政策部 Department of Public Health Policy, National Institute of Public Health

抄録

目的:"スペインかぜ"を含む19世紀後半から現代に至るインフルエンザ流行の歴史を追い,その健康被害について可能な限り定量的に把握したうえで,公衆衛生の観点からみたインフルエンザ対策と社会防衛について検討する.方法:内務省衛生局編「流行性感冒」の他,各種資料,研究をもとに各時期におけるインフルエンザのパンデミック(世界的流行)あるいは非パンデミックの流行について記述した.インフルエンザの健康被害については,「超過死亡」の推計と検討を中心に把握した.その上で,各時期のインフルエンザ流行に対してどのような医療的あるいは公衆衛生的対策が行われたかを記述し,その役割と今日的意義について検討した.結果:"お染風"と恐れられた1889─91年パンデミックによる東京,神奈川の超過死亡は,1918─20年の"スペインかぜ"パンデミックに匹敵するものであった."スペインかぜ"以前の時期に比べて,"スペインかぜ"以後は年平均で約10倍の超過死亡がみられた."スペインかぜ"以後の1921年から1938年の超過死亡数の合計は,"スペインかぜ"流行期の超過死亡数の合計に匹敵するものであった.1952年から1974年までの間,アジアかぜと香港かぜのパンデミックを除いた非パンデミック期の超過死亡の総数は,両パンデミック期を合わせた超過死亡数の35. 倍以上であった.超過死亡年あたりの平均超過死亡数は,パンデミック期と非パンデミック期とでほとんど同規模であった.超過死亡に対するインフルエンザを直接の死因とする死亡の比は,パンデミック期には高く,非パンデミック期に入ると低下しており,非パンデミック期にはインフルエンザが"忘れられ"る傾向がみられた.わが国において学童への予防接種が実施されていた1970年代から80年代にはインフルエンザによる超過死亡は低く,1990年代の集団接種中止以降超過死亡が増加していたことに加えて,2000年代の高齢者への接種開始後はふたたび超過死亡が減少していた.インフルエンザへの対策は,1889─91年パンデミックの際には,迷信を非難し,滋養や医師の受診を勧める程度であったが,1918─20年の"スペインかぜ"パンデミックの際には,検疫,隔離,学校閉鎖,集会の禁止などの"公衆衛生的介入(Non-pharmaceutical Interventions)"が確立した.マスクや予防接種などは,その後個人防衛への遷移が進んだ.結論:インフルエンザ対策に関しては,非パンデミック期の対策を"忘れる"べきではない."公衆衛生的介入"については,"スペインかぜ"の経験に学ぶべきである.予防接種を含む"社会防衛"も再検討すべき時期である.

Objective: To assess public health interventions(non-pharmaceutical intervention)and reexamine social defenses to influenza, investigating historical pandemics and `non-pandemics' in Japan.Methods: We studied 19th, 20th and 21st pandemics and `non-pandemics' by reviewing documents including "Influenza" written by the government sanitary bureau in 1922. We then calculated the number of additional deaths(excess mortality)associated with each pandemic and `non-pandemic', assessed public health interventions(non-pharmaceutical interventions)and reexamined social defense policies in Japan.Results: The 1989-91 pandemic had an impact as great as the 1918-20 "Spanish flu" pandemic in terms of excess mortality due to influenza. After the "Spanish flu" pandemic, excess mortality from influenza was 10 times greater than prior to the "Spanish flu". The total number of excess deaths during the 18 `non-pandemic' years from 1921 through 1938 was as high as during the "Spanish flu" pandemic. The total excess mortality in 19 `non-pandemic' years was 3.5-fold greater than during the pandemic years of 1958-59 and 1959-60, while the average number of excess deaths per "excess mortality year" was similar for pandemic years and `non-pandemic' years.The proportion of deaths directly caused by influenza in relation to excess mortality from influenza was higher in pandemic years than `non-pandemic' years.In the 1970s and 1980s, when the vaccination program for schoolchildren was mandatory in Japan, excess mortality rates were relatively low. In the 1990s, when group vaccination was discontinued, excess mortality rose, only to drop again when influenza vaccination was made available to the elderly in the 2000s, suggesting that the vaccination of Japanese children prevented excess deaths from influenza pandemics and `non-pandemics'.Conclusions: We should never forget that there are effects from influenza `non-pandemics' as well as from pandemics. Prior experience with the "Spanish flu" should be studied for lessons in public health intervention(non-pharmaceutical intervention). We should also re-examine the importance of "Social Defenses", including preventative vaccination, in public health policy.

収録刊行物

  • 保健医療科学

    保健医療科学 58(3), 236-247, 2009-09

    国立保健医療科学院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009848604
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11751510
  • 本文言語コード
    JPN/ENG
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    13476459
  • NDL 記事登録ID
    10440616
  • NDL 雑誌分類
    ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL 請求記号
    Z19-152
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ