異文化研究としての翻訳学と記号学 : 映画「おくりびと」の英語・スペイン語字幕にみる言語文化 Translation and Semiology as Intercultural Studies : The Relationship between Language and Culture : Analysis of the Film Departure's Subtitles in English and Spanish

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本稿は、2008年に日本映画として海外で高い評価を受けた「おくりびと」の英語字幕・スペイン語字幕をコーパスに、記号学的且つ翻訳学的関連から分析し、我々がどのように意味を認識するのか、そしてそれを踏まえて翻訳者はどのような判断をして訳を作り出しているのかを検証する。基本的記号学理論や近年の記号学者による定義などを用いる検証により、意味の認識と翻訳の関係や言語文化の差異と翻訳の関係性について確認できるとともに、翻訳者の役割についても考察していく。This article aims to analyze the English and Spanish subtitles of Japanese film Departurewhich received high reputation abroad in 2008. For that, we will take semiotic andtranslation studies point of views. Especially, going through the semiotic analysis, wewill find out relationships between the meaning and our cognition, cultural differencesand translation. This case study brings us also to consider the role of translator.

収録刊行物

  • 尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University

    尚美学園大学総合政策論集 = Shobi journal of policy studies, Shobi University 18, 65-79, 2014-06-30

    尚美学園大学総合政策学部総合政策学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009851447
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12006349
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13497049
  • NDL 記事登録ID
    025844166
  • NDL 請求記号
    Z71-M997
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ