14059 体験型デザインワークショップの活用 : 気仙沼市大島における持続的環境再生のためのアクションリサーチその2(まちづくり(1),建築デザイン,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会) 14059 Practical use of experience-based design workshop : Action Research for sustainable environment regeneration in Oshima, Kesennuma No.2

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 学術講演梗概集

    学術講演梗概集 2014(建築デザイン), 118-119, 2014-09-12

    一般社団法人日本建築学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009853487
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12344046
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    18839363
  • データ提供元
    NII-ELS 
ページトップへ