ユーザの姿勢検出と透過型HMDを用いたゲームエクスペリエンス拡張システム (モバイルネットワークとアプリケーション) Enhancing Gaming Experience System Using See-Through Head Mounted Display and Posture Detection of Users

この論文をさがす

著者

    • 梶山 隼 KAJIYAMA HAYATO
    • 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 School of Computer Science, Tokyo University of Technology
    • 井上 亮文 INOUE AKIFUMI
    • 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 School of Computer Science, Tokyo University of Technology
    • 星 徹 HOSHI TOHRU
    • 東京工科大学コンピュータサイエンス学部 School of Computer Science, Tokyo University of Technology

抄録

本論文ではオフラインのコンソールゲームをするユーザに透過型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着してもらい,ゲームエクスペリエンスを拡張するシステムを提案する.本システムでは,ユーザ同士で共有する映像を共有画面に表示し,個々のユーザに対してのみ表示する映像を透過型HMD上に表示する.共有画面や共有画面周辺の実空間と,透過型HMDに表示した映像を重畳しつつゲームをすることで,複数人でのゲームプレイ時の映像過多を整理する.また,深度カメラを用いてユーザの姿勢や位置をリアルタイムで取得し,ユーザ同士の対面コミュニケーションを促進する映像を表示する.評価実験の結果,表現するコンテンツや画像サイズの補正ともに改善の余地があるものの,本システムのコンセプトが概ね受け入れられていることが確認できた.

In this paper, we propose a system that enhances gaming experience for off-line-console gamers. This system displays common scene for all players on a shared monitor, and it displays player-specific information on each player's see-through head-mounted display (HMD). Splitting information in an single monitor into multiple displays makes shared monitor appearance be clear. The system also captures the postures of the players in real-time using a depth camera and displays effective images to enhance face-to-face communications of the players. Experimental results showed that the concept of the system was accepted by the subjects despite the composition accuracy and the contents of the prototype game itself.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(495), 31-37, 2014-03-14

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861131
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12618946
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025408962
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ