次数情報を利用したリンク重要度推定およびネットワーク特性との相関調査 (情報ネットワーク) Estimation of Betweenness Centrality in terms of Links for Inferring Network Performance

この論文をさがす

著者

    • 近藤 健司 KONDO Takeshi
    • 九州工業大学大学院情報工学府情報システム専攻 Computer Science & Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology
    • 川原 憲治 KAWAHARA Kenji
    • 九州工業大学大学院情報工学研究院 Faculty of Computer Science & Systems Engineering, Kyushu Institute of Technology

抄録

ネットワークの大規模,複雑化とともに,リンクの利用状況やパケット廃棄率などの特性計測コストも増大している.そのため,ネットワークトポロジから一意に定まる各リンクの媒介中心性(多重度/重要度)や接続ノードにおける次数中心性(次数)により,トラヒック変動に基づくそれらリンク特性を推定することはネットワーク管理や経路制御などにおいて有効と考えられる.本研究では,まず,リンク特性と重要度の関係について定量的に明らかにし,重要度による特性推定モデルを導出する.しかし重要度の計算においてはトポロジの状態を完全に把握しネットワークにおける全ノード間の最短経路を求める必要がある.そこで,各リンクにおける重要度と接続ノードの次数情報との関係を調査し,各ノードが接続リンクの重要度を局所的に推定する手法についても提案する.

The cost for measurement and prediction of the network performance such as packet loss and utilization on some links becomes relatively high in the large-scale and complex network. Therefore it is useful for network management and advanced routing to estimate their performance, that changes dynamically according to traffic condition, by the betweenness centrality in terms of links (i.e., multiplicity/importancy) and the degree centrality of nodes by statistically obtained from the network topology. In this paper, we first show the relationship between the link performance and importancy and derive the model for performance inference in terms of importancy. However, any nodes should know the whole network topology since the number of minimum-hop path between any two nodes on its connected link is needed for calculating link importancy. Thus, we next investigate the relationship between the link importancy and the degree of directly connected two nodes and show the effectiveness for estimating importancy by using their degree information.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(473), 133-138, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861196
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013072
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025416121
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ