生体磁気計測に向けた光ポンピングK-Rbハイブリッド原子磁気センサのスピン偏極空間均一性の理論的検討 (MEとバイオサイバネティックス) A theoretical study on spatial homogeneity of spin polarization in an optically pumped K-Rb hybrid atomic magnetometer toward biomagnetic field measurements

この論文をさがす

著者

抄録

K-Rbハイブリッドセルを用いた光ポンピング原子磁気センサは、セル内部でのポンプ光の減衰が小さいため一つのセルでの多点同時計測に適しているが、各計測点でのセンサ特性を十分に記述するためにはセル内部のスピン偏極の空間分布を考慮する必要がある。本研究では、数値計算によりスピン偏極の空間分布を求めることで空間的なセンサ特性について検討を行い、カリウム原子単体のセルに比べ、ハイブリッドセルが空間的に均一なセンサ特性を有していることを確認した。

An optically pumped K-Rb hybrid atomic magnetometer is suitable in realizing simultaneous signal measurements at multiple locations since it is hardly influenced by an attenuation of a pump beam inside a sensor cell. However, in order to describe the characteristics at each location precisely, we need to consider a spatial distribution of spin polarization of alkali metal atoms in the cell. In this study, we numerically solved the Bloch equations considering the spatial distribution of spin polarization due to the attenuation of the pump beam and the diffusion of spin polarization, and found that the spatial homogeneity of the K-Rb hybrid cell is better than that of a K cell.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(499), 91-96, 2014-03-17

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861268
  • NII書誌ID(NCID)
    AN1001320X
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025411467
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ