広大な「マップ」を活用したクラウド監視システムの実運用への適用 (情報通信マネジメント) Practical application of Cloud Monitoring using a huge Map

この論文をさがす

著者

抄録

国立情報学研究所では仮想マシン貸し出し型のプライベートクラウドedubase Cloudや,物理マシン貸し出し型のプラィベートクラウドの開発,運用を行なっており,さらに,新たにインタークラウド基盤プロトタイプの開発を行い,試験運用を開始している.我々はクラウド運用を効率化するため,編集可能な広大な「マップ」アプローチを提案し,実運用に適用した.この適用事例について報告し,よりよいマップを作るための支援機構について提案する.

National Institute of Informatics has developed a private IaaS cloud "edubase Cloud" and a private bare-metal IaaS cloud "Gunnii". Additionally, we have just developed an prototype cloud platform, "Academic InterCloud(AIC)", and run it in trial. Operating such large cloud infrastructure relies on operators experience. A new more efficient approach, therefore, is needed. In this paper, we propose an editable huge "Map" approach and apply it to some practical cases. This paper also describes the future work to make a more efficient map.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(492), 161-165, 2014-03-13

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009861738
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12325711
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025406353
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ