災害時におけるレジリエント情報流通を実現するための端末間連携技術 (マルチメディア・仮想環境基礎) Device Collaboration to Realize Information Sharing under Disaster

この論文をさがす

著者

抄録

災害から身の安全を確保できた後,避難者が必要としたのは災害に関する情報を得ることであった.しかし,インターネットが繋がらず,スマートフォンなどから情報を得ることが困難であった.そこで我々は,災害時にインターネットが繋がらない状況においても,周囲にいる人同士と災害関連情報を公衆無線LANとブラウザで共有可能な端末間連携技術を提案する.公衆無線LANを用いて検証した結果,インターネットの接続可否によらず,さらに専用アプリのインストールなしに情報流通が実現可能なことを示した.

In this paper, we propose an approach to share information with device collaboration under disaster. To support evacuation place without Internet access due to a disaster, our device collaboration realizes resilient information sharing that allows evacuees to share disaster information among devices with a HTML 5 browser by connecting to a public wireless LAN and launching the browser. Evaluations show that evacuees can share information without Internet access and installing dedicated application in their smartphone.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(470), 19-24, 2014-03-06

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009862386
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10476092
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025412019
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ