災害情報のデザイン手法に関する検討 (ヒューマンコミュニケーション基礎) Study on design methods of disaster information

この論文をさがす

著者

抄録

災害時において情報をうまく取得することのできない情報弱者は災害弱者でもある.災害弱者のためには,安否情報をはじめとする災害情報をアクセシブルにデザインすることが重要である.全盲の視覚障がい者に対して,我々の開発したレジリエント情報流通システムの情報共有アプリを用いて,アクセシブルな災害情報のデザイン手法に関する実験を行った.一次元で提示される音声において,投稿情報の区切りに着目して実験を行った.その結果,情報の提示順序や情報の区切りメッセージはあまり効果が無いことがわかった.また,情報の区切り方は細かいほうがよいことがわかったが,被験者のスキルにも依存することが示唆された.信頼できる情報を得るためと,探索を容易にするために,投稿情報の一般,公的の区分とラベルは,全盲の視覚障がい者には効果があることがわかった.

In disaster, people who cannot receive information well often become the vulnerable people. The disaster information such as the information about the well-being should be accessibly designed. In order to clarify design methods of accessible disaster information with the Web application in the resilient information sharing system which we developed, we conducted experiments by blind users with software which read aloud Web contents. We focused on the segmentation of contributed articles' information which is presented in one dimension when it is presented by a voice reading device. The result shows that the order of information and message of segmentation are not important for them. The information in a contributed article should be segmented into smaller parts to allow the users can find desired information easily, but the easiness depends on the user's skill. And the result also shows that the segmentation and the labels, private and public, are very effective for the blinds to acquire information easily which is reliable.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(462), 83-88, 2014-03-04

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009862481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10487226
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025408901
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ