サブスレッショルド回路における遅延・エネルギーの温度依存性に関する実験および考察 (VLSI設計技術) Experiment and Analysis on Temperature Dependence of Delay and Energy for Subthreshold Circuits

この論文をさがす

著者

    • 史 又華 SHI Youhua
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科 Grad. of Science and Engineering, Waseda University
    • 宇佐美 公良 USAMI Kimiyoshi
    • 早稲田大学大学院基幹理工学研究科:芝浦工業大学工学部情報工学科 Grad. of Science and Engineering, Waseda University:Dept. of Information Science and Engineering, Shibaura Insititute of Technology

抄録

バッテリ一式の無線ネットワーク機器では,消費エネルギーの削減を重視するため,供給電圧を下げる設計手法が広く用いられる.サブスレッショルド回路においては,しきい値下の電圧で制御することで大幅なエネルギー削減を達成できるが,性能の低下や環境変動による遅延ばらつきの問題が生じる.本稿ではスーパーパイプラインを用いたサブスレッショルド乗算器を実装し,性能向上とリークエネルギー削減による全体の消費エネルギー削減を確認した.さらに,温度変動による回路の遅延・エネルギーの温度依存性について実験し,考察を行った.

Low voltage design has been used in order to reduce the energy dissipation of mobile network equipment. However, as supply voltage reduces into subthreshold region, performance degradation and environment variations become the primary design challenges. In this paper, we implemented a super-pipelined multiplier for subthreshold supply voltage. With super-pipeline, the performance and energy efficiency can be improved. Moreover, experimental evaluations on the temperature dependences of delay and energy are also conducted for analysis.

収録刊行物

  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 113(454), 147-151, 2014-03-03

    一般社団法人電子情報通信学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009862585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10013323
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-5685
  • NDL 記事登録ID
    025410405
  • NDL 請求記号
    Z16-940
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ