水クサイの意味変化 : 水ッポイとの共存過程から考える The Historical Change of the Meaning of Mizu-kusai : Focusing on the Coexistence with Mizu-ppoi

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本稿では、嗅覚表現接尾辞-クサイの結合例である水クサイに注目し、味覚表現への使用が可能になるこの語の表現特性と、中央語において心情表現語へと変化するまでの史的変遷とを考察し、意味変化の要因が水ッポイなどの類義語との共存に求められることを指摘した。中世前期末に誕生した水クサイは水分量に注目し<酒の味が薄い>を表していたが、近世前期には対象の拡大に伴う意味の抽象化が生じる。すなわち、水分量を必ずしも問題としない食べ物を対象とし<味が薄い>の意味を、特定の人物の行為という抽象物を対象とし<情愛が薄い>の意味を、それぞれ派生させる。ただし、近世後期以降に中央語となる江戸語にはすでに類義の味覚表現語として水ッポイが定着していたため、受容されたのは水クサイの心情表現語的側面のみであった。中央語史における水クサイに心情表現語への意味の交替が認められるのは、こうした類義語との共存が背景に存したと考える。

This paper demonstrates the historical change of the meaning of the word mizu-kusai (mizu 'water', -kusai 'smell of'), focusing on the coexistence with the synonym mizu-ppoi (-ppoi '-ish'). In Modern Japanese, mizu-ppoi expresses the literal meaning of 'watery', and mizu-kusai simply expresses the metaphorical meaning of 'not frank, reserved'. Mizu-kusai appeared at the end of the first half of the medieval period, and originally expressed the literal meaning of 'watery', especially the meaning "(sake) to be thin". By the first half of the early modern period, it expanded to mean "(food) to be tasteless, thin, weak" and developed the metaphorical meaning "(person) not to be frank". In the Edo dialect, which was to become the central dialect of Japan in the latter half of the early modern period, the synonym mizu-ppoi had already been used to express the literal meaning, and therefore the meaning of mizu-kusai had been limited to the metaphorical one.

収録刊行物

  • 日本語の研究

    日本語の研究 10(2), 48-33, 2014

    日本語学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009863009
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11998386
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    1349-5119
  • NDL 記事登録ID
    025418427
  • NDL 請求記号
    Z71-M894
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
ページトップへ