「福祉国家の危機」と医療 : 本当に「小さい政府」は志向されているのか?  [in Japanese] Crisis of welfare state and health care : Social determinants of "small government" preference in health care  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

福祉国家の危機が叫ばれ「小さい政府」志向の政策が各国で進められている現在、日本の医療政策について国民はどのような意識をもつているだろうか。またその意識は、社会集団によってどのように異なるだろうか。本論は1996年「政府の役割に関する調査」データをもとに、医療における「小さい政府」志向について記述的分析を行うとともに、福祉国家研究を基に日本の医療政策についての国民の意識パターンについて三つの仮説を提示し、意識の社会的規定要因について分析を行った。その結果、日本の世論は、政府の医療支出の削減や責任の軽減という形でこの危機に対応すべきであるとは考えておらず、むしろ、国民の大半が、ほぼ一様に、政府が医療に責任をもち、医療支出をさらに増やすべきであると考えていることが明らかとなった。ただし、そうした意識には、所得、就業状況、年齢等、それぞれのおかれた社会的文脈によって、多少の温度差がある様子も示された。

Facing "welfare state crisis", many developed countries today are pursuing the social policy toward "smaller government". Do the Japanese support such social policy? Do attitudes vary by social groups? This study uses "Survey on the Role of Government 1996" to examine Japanese preference for "small government" in health care. It also examines the social determinants of such preferences and test hypotheses deduced from the welfare state literature. The results show that most Japanese report that the government should continue to take responsibility in health care and increase health care expenditure, although the attitudes depend on the social contexts they situate themselves (income, work status, age).

Journal

  • The Japanese Journal of Health and Medical Sociology

    The Japanese Journal of Health and Medical Sociology 15(1), 13-24, 2004

    The Japanese Society of Health and Medical Sociology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009863640
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10421975
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1343-0203
  • NDL Article ID
    7099551
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL Call No.
    Z6-B330
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top