アルコール依存症者のライフストーリーにみる我が国の飲酒規範  [in Japanese] Drinking Norms in Japan : An Analysis of Strategies to "Be A Normal Drinker"  [in Japanese]

Access this Article

Author(s)

Abstract

本稿は、アルコール依存症者のライフストーリーの分析を行なうことで、(1)飲酒規範が、酒を飲むことと酒を飲みすぎることに対してどのように働くかを明らかにすること、(2)そこから我が国の飲酒規範の特徴を描き出すことを目的としている。分析は、アルコール依存症である断酒会会員18名(男性10名、女性8名、31歳〜71歳)との個別インタビューをもとにしている。対象者らは、"普通の酒飲み"のように見せるために、ライフコースの調整、活動時間の調整、可視性の調整、別の病名を利用、社会的属性の強調を行なっていた。女性や違法薬物使用者は、さらに別の対処行動もとっていた。分析から、ある人の飲酒が規範に沿っているか否かの判断に、飲酒とは直接関係のないものが関与していることが示唆され、過寛容(over-permissive)とされる我が国の飲酒文化との関連が論じられた。

The purpose of this study is to describe the nature of drinking norms in Japan by analyzing ones' strategies to "be a normal drinker." 18 interviewees are all recovering alcoholics and also members of Danshukai (self-help group for alcoholics). Interviews are held approximately 30 to 90 minutes individually and their life stories are analyzed qualitatively. Strategies to "be a normal drinker" are categorized into 5 groups: (1) controlling life course; (2) controlling activities; (3) controlling visibility; (4) using different label; (5) emphasizing social identity. Different strategies are taken by housewives and illegal drug user. Those findings indicate how drinking norms can control ones' drinking behavior and maintain the " over-permissive" drinking culture in Japan.

Journal

  • The Japanese Journal of Health and Medical Sociology

    The Japanese Journal of Health and Medical Sociology 18(2), 95-107, 2008

    The Japanese Society of Health and Medical Sociology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009863684
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10421975
  • Text Lang
    JPN
  • ISSN
    1343-0203
  • NDL Article ID
    9473523
  • NDL Source Classification
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学) // ZS17(科学技術--医学--衛生学・公衆衛生)
  • NDL Call No.
    Z6-B330
  • Data Source
    NDL  NII-ELS  J-STAGE 
Page Top