オープンアクセスの動向(2)新しいオープンアクセス・ビジネス Development of Open Access(2)New Open Access Businesses

この論文をさがす

著者

    • 時実 象一 TOKIZANE Soichi
    • 東京大学大学総合教育研究センター Center for Research and Development of Higher Education, The University of Tokyo

抄録

この記事は,ここ数年のオープンアクセスの動向について詳述するもので,前後編に分かれる。この後編では,PLOS ONEの成功によってもたらされた,新しいオープンアクセス・ビジネスについて,PLOS ONE型メガジャーナル,カスケード型雑誌の2種類について,実例を挙げて解説した。また,人文・社会科学分野のオープンアクセス雑誌,学位論文のオープンアクセスの動きについて述べた。最後に,最近進みつつあるデータのオープンアクセスとそのリポジトリについて述べた。

Recent development of Open Access (OA) is discussed in two parts. The second part describes the newly evolved open access journals inspired by PLOS ONE. Such new open access journals may be categorized into two: one is PLOS ONE clones or mega journals, another, cascade journals. Examples of such two types of journals are discussed in detail. Open Access in humanity and social science area, and Open Access of theses and dissertations are discussed briefly. Open Access of data as well as their repositories are discussed as well.

収録刊行物

  • 情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association

    情報の科学と技術 = The journal of Information Science and Technology Association 64(10), 435-441, 2014

    社団法人情報科学技術協会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009864901
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10005857
  • 本文言語コード
    JPN
  • ISSN
    0913-3801
  • NDL 記事登録ID
    025805242
  • NDL 請求記号
    Z21-144
  • データ提供元
    NDL  NII-ELS 
ページトップへ