ソーシャルネットワークにおけるフォロー集合分析に基づく実世界イベント分類手法 Classifying Real-world's Events by Analyzing Friends of the Events' Participants in Social Network

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 河野 慎
    • 東京大学大学院学際情報学府|慶應義塾大学環境情報学部
    • 中澤 仁
    • 慶應義塾大学環境情報学部|慶應義塾大学大学院政策メディア研究科
    • 徳田 英幸
    • 慶應義塾大学環境情報学部|慶應義塾大学大学院政策メディア研究科

抄録

近年,GPSを搭載したスマートフォンとSNSの普及によって,リアルタイムに位置情報を付加させた発言をユーザが投稿する機会が増加している.この機会によって投稿された発言の中には実世界イベントに関する情報が含まれており,その一部はユーザが体験したり,目撃したりしたことに関するものであることが多い.これらの発言を収集し,解析することで実世界で実際に起きている社会イベントを検出することが可能となる.イベントを検出するために必要な発見と分類という2つの工程のうち,本研究ではイベントの分類に着目し,イベント参加者を利用したイベント分類手法を提案する.イベント参加者の多様性を意味する大衆性という新しい分類軸を定義し,イベント参加者がフォローしているユーザの解析によるイベントの分類を目指す.本研究では解析ツールの設計と実装をし,ツールを用いてあらかじめ実際のデータをもとに発見された社会イベントの解析を行い,分類を行った.Yahoo!クラウドソーシングにおいて一対比較法を用いて大衆性に基づき分類した結果を取得し,本手法を適用した解析結果と比較・考察を行った.その結果,大衆性に関してクラウドソーシングを用いた調査結果と回帰分析による提案手法の分析結果に一定の相関性があることを示した.Recent progress and spread of smartphones and social network services enables us to transmit text messages with GPS location data anywhere and anytime. Since these location-based SNS messages often refer real-world's events, many researchers have tried to recognize real-world's event through analysis of the messages. In this paper, we define a new index of event classification called popularity, and present a novel method to calculate the index by analysing social network of the events participants. Popularity, which reflects the diversity of event participants, is a useful index of the event for creating various applications such as event navigation or recommendation. We designed and implemented intuitive web-based interactive tool for analysing popularity of events. Through comparative experiments by analysis of proposed system and crowdsourcing, we confirmed that our proposal method provide a certain amount of accuracy for calculating the popularity of events.

Recent progress and spread of smartphones and social network services enables us to transmit text messages with GPS location data anywhere and anytime. Since these location-based SNS messages often refer real-world's events, many researchers have tried to recognize real-world's event through analysis of the messages. In this paper, we define a new index of event classification called popularity, and present a novel method to calculate the index by analysing social network of the events participants. Popularity, which reflects the diversity of event participants, is a useful index of the event for creating various applications such as event navigation or recommendation. We designed and implemented intuitive web-based interactive tool for analysing popularity of events. Through comparative experiments by analysis of proposed system and crowdsourcing, we confirmed that our proposal method provide a certain amount of accuracy for calculating the popularity of events.

収録刊行物

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 56(1), 72-82, 2015-01-15

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    110009867089
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00116647
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    1882-7764
  • データ提供元
    NII-ELS  IPSJ 
ページトップへ