知識・言葉の情報学と地域研究  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

地域研究はそれ自体が学際的な学問で,異なるディシプリンで異なる地域の異なる現象を読み解いてきた学問と言える.そこで,地域情報学の名のもとに情報資源の統合や共有化が図られ,空間や時間といった切り口で地域やディシプリンを超えて研究を俯瞰する試みが行われてきた.本発表では,Linked Open Data と自然言語処理の技術で新たな切り口を提供しようという試みについて紹介し,課題や将来展望について語る.

Journal

  • IPSJ SIG Notes

    IPSJ SIG Notes 2015-CH-105(9), 1-2, 2015-01-24

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    110009871929
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN1010060X
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Technical Report
  • Data Source
    NII-ELS  IPSJ 
Page Top