バージョンを超えて存在するコーディングパターンの調査  [in Japanese] Analysis of Coding Patterns over Software Versions  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

    • 石尾 隆 ISHIO Takashi
    • 大阪大学大学院情報科学研究科 Graduate School of Information Science and Technology, Osaka University

Abstract

ソースコードの読解においてソースコード中の識別子がその役割を正しく表現していない場合,プログラムの理解に時間がかかることが知られている.オブジェクト指向プログラムのメソッド名は一般に,動詞や名詞などを組み合わせて命名されるが,具体的にどのようなメソッドに対してどの単語を使って命名したほうがよいかということは知られていない.我々の先行研究として,開発者に対するメソッドの命名支援を目的として,メソッド名に用いる動詞の候補リストを提示する手法を提案した.しかし先行研究では,実際に開発者が候補リストを使用した場合の効果は評価していない.そこで本研究では,動詞の候補リストが提示されたとき開発者がより適切な命名をできるのか評価した.先行研究で言及した課題に基づきメソッド名に用いる動詞の候補リストを提示する既存手法の改良を行い,改良した手法を用いて評価を行った.その結果,既存手法よりも精度が上がったことを確かめ,また,開発者は候補リスト内に正解が提示されているとき候補リストがないときよりも正解の動詞を選択できることを示した.

A coding pattern is a sequence of method calls and control structures, which appears repeatedly in source code. In this paper, we have extracted coding patterns of each version of ten Java programs, and then explored the number of versions in which the coding patterns appear. This paper reports the characteristics of coding patterns over versions. While learning from coding patterns is expected to help developers to perform appropriate modifications and enhancements for the software, many coding patterns are unstable as similar to the result of clone genealogy research.

Journal

  • Computer Software

    Computer Software 32(1), 1_220-1_226, 2015

    Information Processing Society of Japan (IPSJ)

Codes

Page Top